クレジットカード解約時の注意点

あまり利用していなければ、色々な不安もありますし、
クレジットカードは解約したいですよね。

 

 

クレジットカードの解約は、電話などで行うことができます。

 

 

電話で解約の意思を伝えた際に、
解約理由などを聞かれる場合もありますが、

 

そういった場合は、「利用しないから」など
正直に理由を伝えれば大丈夫です。

 

 

ただ、解約をする際には、
いくつか気をつけるべき注意点があります。

 

きちんとこれらに気をつけていないと、
今後、またクレジットカードを作る際などに、
不利になる場合もあります。

 

クレジットカードの解約を考えている際は、
ぜひこちらを一度ご覧いただければと思います。

 

 

【1】複数枚のカードを1度にまとめて解約しない

 

クレジットカードを申し込んで、
審査を行う際には、カード会社は申込者の信用情報を
閲覧することができます。

 

そのため、申込者が過去に、複数枚のカードを一気に解約していた
という情報も知ることができます。

 

 

そうすると、カード会社からすれば、
複数枚のカードを一気に解約しないといけない
何かしらの理由があったのでは、と疑われてしまいます。

 

 

今後クレジットカードを作ったり、
ローンを組んだりする際に不利になることがあるので、
複数枚のカードを1度にまとめて解約するのはやめましょう。

 

 

【2】引落しの設定を変更しておく

 

クレジットカードで公共料金などの
引落しを設定している人は多いかと思います。

 

 

そういった場合、
クレジットカードの解約よりも先に、
公共料金等の引落し変更を行っておきましょう。

 

 

変更の反映に日にちがかかることもあるので、
クレジットカードが解約されていれば、
公共料金等が引き落とせない状況になってしまいますので、

 

カードの解約を決めたら、
引き落としの設定変更は早めに行っておきましょう。

 

 

【3】未払いの残高がないかチェックしておく

 

リボ払いやキャッシングなどを利用している場合は、
特に注意が必要ですが、未払い残高がないかをきちんと確認しておきましょう。

 

未払い残高があれば、
その残高をまとめて精算する必要があります。

 

 

そのため、クレジットカードの解約時は
未払い残高のない状態で行うようにしましょう。

 

未払い残高があっても、
残高を一括で返済できる、という場合は大丈夫です。

 

 

【4】加入後すぐの解約はしない

 

クレジットカードを作ると色々な特典があるので、
そういった特典に惹かれてカードを作る人も多くいますよね。

 

しかし、その特典だけを受け取って、すぐにカードを解約してしまうと、
今後クレジットカードを作る際に審査で引っかかってしまう可能性が出てきます。

 

 

1、2回であれば、そこまで影響はないですが、
何度も繰り返していると、

 

今後クレジットカードを作ったり、
ローンを組んだりする際には、
要注意人物として扱われてしまうことがあります。

 

 

特典だけ受け取りたい、という気持ちもわかりますが、
加入後すぐに解約することは
なるべく避けるようにしましょう。

 

 

カードは必要なものだけに絞りましょう

 

クレジットカードを複数枚にわけて利用していると、
不正被害などの可能性もカードの枚数分高くなってしまいます。

 

 

また、どのカードでどの料金の引き落としをしていたのか
わかりづらくなって、解約時に困ってしまう可能性もあります。

 

 

そのため、もし不要なクレジットカードがあれば、
上の注意点を確認した上で、きちんと解約をして、

 

クレジットカードは本当に必要なものだけに
絞って利用をしましょう。