クレジットカードの審査基準とは?

クレジットカードに申し込む際に、
自分の住所、連絡先などの情報のほかに、
年収や勤続年数などを記入する欄があるかと思います。

 

 

そういった情報を参考に、
あなたの決済能力を判定し、
クレジットカードの審査は行われています。

 

 

クレジットカードを作る際に、一番心配なのは、
「自分は審査に通るのか」ということですよね。

 

 

そういった心配を少しでも払拭するためにも、
こちらでは、クレジットカードの審査はどういったポイントで
決定されるのかをまとめてみたいと思います。

 

 

こちらをご覧いただくと、
クレジットカード審査の際に重視されるポイントがわかるので、
自分が審査に通るのかどうかが
あらかじめある程度は予想することができるかと思います。

 

 

【ポイント1】職業

 

やはり職業によって、収入が安定しているかどうか
大きく異なってきますよね。

 

 

例えば、公務員であれば、
年収などはある程度保証されており、よほどのことがない限り
決済能力が落ちることはないかと思います。

 

しかし、自営業などの場合、
その事業が不安定であればあるほど、
決済能力は不安定なものとなります。

 

 

「芸能人はローンの審査に通りづらい」
という話を聞いたことがありませんか?

 

やはり芸能人といったあまり安定性のない職業であれば、
今後の決済能力の保証がないので、
審査の際には、マイナスポイントとなってしまいます。

 

 

しかし、職業のみを見て判断されるわけではないので、
もちろん、「自営業だからクレジットカードを持てない」
ということはありません。

 

 

【ポイント2】勤続年数

 

勤続年数は収入がどれだけ安定してるかを
計る基準となります。

 

 

勤続年数が長ければ長いほど、
決済能力は安定していると判断されます。

 

一般的に、
会社員の場合は、最低でも1年以上、
自営業の場合は、最低でも3年以上の
勤続年数はほしいところです。

 

 

ただ、審査の基準はカードによって異なりますし、
もちろん、新入社員であったり、
自営業で事業立ち上げ直後などであっても、
クレジットカードの審査に通ることもあります。

 

 

【ポイント3】雇用形態

 

雇用形態は安定的に収入があるのかどうかを
判断する材料となります。

 

 

やはり正社員であれば、
毎月ある程度決まった額の収入がありますし、
パートやアルバイトであれば、
勤務日数などによって、月々の収入にばらつきが出ます。

 

 

そういった点で、
クレジットカードの審査の際には、
正社員の方が有利で、
パートやアルバイトの場合は、
正社員よりは審査の際に不利となってしまいます。

 

 

【ポイント4】年収

 

年収は今、どれくらいの収入があるのか?
知ることができます。

 

 

そのため、もし年収が少なければ、
クレジットカードを利用しても、
支払いが滞る可能性があり、

 

支払いが滞る可能性のある人に
お金を貸したいとは誰しも思えないですよね。

 

 

やはり年収が高ければ高いほど、
審査には通りやすくなります。

 

 

【ポイント5】資産

 

主に、住居に関することですが、
持ち家があるかどうかも審査の際のポイントとなります。

 

 

持ち家があれば、
それだけ、保有している資産があると見なされ、
審査は通りやすくなります。

 

 

また、同居家族がいるのかどうかもポイントとなります。

 

家族と同居している方が
決済能力はその分高くなると判断され、
審査には通りやすくなります。

 

 

【ポイント6】借入

 

これは、他で何か借入しているものはないか?ということです。

 

例えば、
住宅ローンなどで借入がある場合、
そちらの支払いが滞ったりしていないかなどを
審査されます。

 

他での借入がないことが一番ですが、
借入があったとしても、
きちんと支払いを行っていれば、
審査には影響のないカードもありますので、
安心してください。

 

 

申込みの際には、情報は正しく書きましょう

 

審査を通りやすくするために、
間違った情報を申込みの際に書く人もいます。

 

しかし、カード会社は審査の際に、
申込者の信用情報などをしっかりと調べた上で、
審査を行います。

 

 

申込みの際に間違った情報を書いていたとなると、
さらに審査に通りづらい状況を
自分で作ってしまうことになります。

 

 

そのため、
申込みの際には、正しい情報をきちんと書き、
審査を行うようにしましょう。