学生専用クレジットカードの基礎知識

クレジットカードには色々なカード会社より発行された
様々なカードが存在しますが、

 

学生専用のクレジットカードも存在しています。

 

 

学生専用クレジットカードとは、
「満18歳以上25歳以下、かつ、大学・短大・専門学校に在学中」
という条件を持つカードのことです。

 

 

学生であれば、アルバイトをしていたり、
親からの仕送りで生活をしていたりするかと思いますが、

 

どうしても手持ちの現金が足りなかったり、
大きな買い物をするときには、
クレジットカードは便利ですよね。

 

 

そこで、この学生専用クレジットカードについて
まとめてみたいと思います。

 

 

学生専用のクレジットカードの申込み

 

申込みの際には、
氏名、住所、生年月日などの基本的な情報の他に、
以下の情報が必要となります。

 

在学中の学校名
学年及び、卒業予定年月日
親権者または実家の住所、電話番号
アルバイト等による年収

 

 

もしアルバイトによる収入がない場合は0円と
記入しますが、学生専用クレジットカードの場合、
そこまでアルバイト収入があるかどうかは重要ではありません。

 

 

学生のためのクレジットカードなので、
学生には作りやすくなっていますが、
親権者の債務状況によっては、審査が落ちてしまうことがあります。

 

 

また、未成年の場合には、保護者の同意が必要となり、
保護者の印鑑を別途用意しておく必要があります。

 

 

利用額について

 

学生の場合、社会人と比べて
経済的な安定がありません。

 

 

そのため、学生専用クレジットカードは
通常のクレジットカードに比べて、
利用可能額がとても低く設定されています。

 

 

入会時の利用可能額は平均10万円ほどで、
キャッシング機能については、3〜5万円程度で設定されています。

 

 

学生のうちに、学生専用のクレジットカードではなく、
一般のクレジットカードを作ったとしても、利用可能額は社会人と比べて
低く設定してあることがほとんどです。

 

 

利用の際の注意点

 

学生専用クレジットカードは25歳まで

 

もし、26歳になっても在学中であっても、
25歳以下でなければ、学生専用カードを利用することはできません。

 

 

それまで学生専用クレジットカードを利用していたとしても、
26歳になれば一般のクレジットカードに切り替えられますので、
学生であれば誰でも使えるカードではないので、注意してください。

 

 

学生特典について

 

学生専用クレジットカードでは、
学生のための特典を設けているカードがあります。

 

在学中に取得した学生専用クレジットカードは
卒業したとしても、そのまま継続して利用することができます。

 

しかし、学生特典は学生のためのものなので、
たとえ25歳以下であったとしても、
卒業後は特典を受けることはできません。

 

 

使いすぎには注意

 

これは学生に限らず誰しもですが、
目に見えて、お金が減っていくわけではないので、
クレジットカードを利用すると、現金でのショッピングに比べて、
使いすぎてしまう傾向があります。

 

学生のうちにクレジットカードの支払いが滞っていると、
社会人になり、クレジットカードを作る際にも
影響を及ぼす場合があります。

 

そのため、使いすぎには注意をして、
きちんと返済できる額かどうかを確認してから
利用するようにしましょう。