主婦がクレジットカードを作る際のポイント

主婦の方は自分自身の収入がない、
パートなどで収入が少ない、ということで、

 

「クレジットカードは作りづらい!」「審査に通らない!」
と考えている人が多いですが、それは大きな間違いです。

 

 

もちろん全てのクレジットが
作れるというわけではありませんが、
主婦でも作れるクレジットカードは意外と多くあります。

 

 

ただ、主婦の方は社会に出て働かれている人と比べて
やはり安定的な収入もないですし、

 

クレジットカードを作り際には、いくつかのポイントを
頭に入れておく必要があります。

 

こちらでは、主婦の方が審査に通るためのクレジットカードを
作る際のポイントをいくつかまとめてみます。

 

 

【1】自分名義の携帯電話は持っておくこと

 

クレジットカードの審査の際には、
電話確認を行われることがあります。

 

そのため、
自分名義の携帯電話やスマートフォンなど、
電話確認の際に、自分が出ることのできる電話番号が必要となります。

 

最近では、
自分の携帯電話やスマートフォンを
持っていないという人は珍しいでしょうが、

 

クレジットカードを作る際には必要となりますので、
もし持っていなければ準備する必要があります。

 

 

【2】キャッシング機能は使わない

 

クレジットカードにはショッピング機能のほかに、
キャッシング機能もついています。

 

キャッシングとはお金を借り入れることですが、
このキャッシング機能を利用するには、

 

申込みの際に、
キャッシングの申込みをしておく必要があります。

 

 

しかし、主婦の場合、このキャッシングにも申し込んでおくと、
審査は通りづらくなってしまいます。

 

 

少しでも審査を通りやすくするためにも、申込みの際に、
キャッシングの利用枠の欄は0円としておくようにしましょう。

 

 

【3】過去の借入などの情報はごまかせない

 

主婦の方が審査に通らない理由で多いのが、
過去の借入に関する情報です。

 

 

過去に借入を行って返済が滞ってしまったり、
現在であっても、携帯電話などの支払いが滞っていれば、
審査は通りづらくなります。

 

そういった信用情報は審査の際に、
カード会社は閲覧できるようになっているので、
ごまかすことはできません。

 

 

【4】嘘の情報は書かない

 

申込みの際に、
主婦だと審査が通りづらいと考え、
適当に職業などを記入してしまう人がいます。

 

しかし、もしもこの嘘がばれてしまえば、
信用を失ってしまい、さらに審査は通りづらくなってしまいます。

 

そのため、
申込みの際の情報は正直に書くようにしましょう。

 

 

主婦の方でも、
過去の返済等で滞りがなく、配偶者に収入があれば、
きちんとクレジットカードを作ることはできます。

 

専業主婦で、収入が0円であっても、
きちんと正直に記入しましょう。

 

 

主婦でも作れるクレジットカードは多くある

 

最近では、「主婦でも作れる」ということを
売りにしているクレジットカードもあります。

 

ネット通販のカードや、スーパーのカードなど、
主婦をターゲットとしてクレジットカードも多く存在しています。

 

 

主婦で、自分の収入がないから、と諦めず、
クレジットカードの申込みをしてみてください。