クレジットカード利用によるメリットとデメリット

クレジットカードが便利とは知っていても
やはり不安もあり、
「なかなかクレジットカードを作れない」
という人もいるかと思います。

 

もちろん、クレジットカードを利用することによって、
デメリットが生じる可能性もあります。

 

 

そこで、クレジットカードを利用することによる
メリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

 

クレジットカードを作るどうか悩んでいる人は
ぜひこちらを参考にメリットとデメリットを比較して、
作るべきかどうかを決めるようにしてください。

 

 

クレジットカード利用によるメリット

 

【1】支払いが楽になる

 

通常、現金で支払う際には、
購入金額に合わせて、
お札や小銭などを準備し、出す必要があります。

 

クレジットカードを利用すると、
こういった支払いの煩わしさから解放されます。

 

クレジットカードを差し出すだけで
店員が支払い処理をしてくれるので、
支払いは現金に比べてとても楽になります。

 

 

【2】ポイントが貯まる

 

クレジットカードによって
ポイント還元率は異なりますが、
ほとんどのクレジットカードで
利用額に応じてポイントが貯まっていきます。

 

そのポイントを商品券などに交換したり、
商品購入の際に利用できたりと
カードによってポイントの利用法は異なりますが、

 

ポイントが貯まることで
何かしらの特典を受け取ることができます。

 

 

【3】支払い回数の選択肢が多い

 

現金で支払う場合、その場で支払うために、
「来月お金を持ってきます」といったやり取りは
基本できませんよね。

 

 

その点、クレジットカードを利用すると、
複数回にわけて支払うことができたり、
ボーナス月にまとめて支払うことができたりと、
支払い回数の選択肢が多くなります。

 

大きな買い物をしても、
複数回にわけたり、
ボーナス月に支払うことができるので、
お金が一度に出てしまい、
生活に支障をきたすということがありません。

 

 

【4】保険がつく

 

海外旅行の際など、
クレジットカードによっては保険がつくものもあります。

 

海外旅行でもしものことがあった場合、
この保険を利用することができるので、安心です。

 

 

クレジットカード利用によるデメリット

 

【1】犯罪に巻き込まれる心配がある

 

クレジットカード利用によるデメリットで
一番大きいのが犯罪に巻き込まれてしまう心配がある、
ということではないでしょうか。

 

クレジットカードを利用することで、
不正利用やスキミングなどの犯罪に
巻き込まれる可能性があります。

 

もちろん、
セキュリティー強化などで
その可能性は低くなってはいますが、
ゼロではないので、
自分でもその可能性を頭に入れておく必要があります。

 

 

【2】支払い困難に陥る可能性がある

 

クレジットカードを利用すると、
手持ちの現金が目に見えて減っていくわけではないので、
どうしても使いすぎてしまいがちです。

 

そのため、
支払いを先へ先へと後回しにして、
結局支払い困難に陥ってしまう人もいます。

 

目に見えないお金の動きなので、
把握しづらくなってしまいます。

 

しかし、
自分自身で明細書などでしっかりと把握していれば
避けることのできるデメリットでもあります。

 

 

メリットとデメリットを頭に入れた上で使うことが大切

 

クレジットカードを利用する上で、
やはり便利なことはたくさんあります。

 

しかし、犯罪に巻き込まれる可能性があったり、
支払い困難に陥る可能性があったりというデメリットも
しっかりと頭に入れておくことが大切です。

 

デメリットに対して危機意識を持った上で
クレジットカードを利用することで、
これらのデメリットは
ある程度、避けることができます。

 

 

そのため、
クレジットカード利用によるメリットとデメリットは
しっかりと把握した上で
クレジットカードを利用するようにしましょう。