クレジットカードのキャッシングとは?

普段、クレジットカードを利用している人でも
意外と知らないという人も多いのが、
「クレジットカードはキャッシングもできる」ということです。

 

キャッシングとは、お金を借りることです。

 

 

普段の買い物でクレジットカードを利用すると、
自分が指定した口座から指定日にその金額の引落しがあります。

 

 

しかし、自分の口座に残高があまりなく、
請求額に対して金額が足りていないときなどに、
便利なのがキャッシング機能です。

 

 

1枚のクレジットカードで
ショッピングとキャッシングの両方を
行うことができるのです。

 

 

ただ、クレジットカードの
キャッシング機能を利用する際には、
いくつか気をつけるべきポイントがあります。

 

そこで、こちらでは、
クレジットカードによるキャッシングの方法と
その際の注意点をまとめてみたいと思います。

 

 

キャッシング機能の利用方法は?

 

【1】キャッシングの申込み

 

まず、最初に、クレジットカードの申込み時などに
キャッシング機能の利用申込みをしておく必要があります。

 

 

申込みを行うと審査が行われ、
借入可能額などが決定されます。

 

 

【2】ATMでの操作

 

大体のクレジットカードが
コンビニや銀行のATMなどでキャッシングの利用が可能です。

 

ATMを操作する際は、
普通預金などの「お引き出し」のボタンではなく、
「その他」や「クレジットカード」などのボタンから入るようにしましょう。

 

その後、借入額や取引内容の決定を行います。

 

銀行のATMで利用できるので、
外出先でキャッシングができ、とても便利ですが、
利用時間や利用額に応じて手数料が必要となります。

 

 

【3】返済

 

キャッシングを行ったら、
もちろん返済をする必要があります。

 

返済の方法には大きくわけて
2つの方法があります。

 

 

1.1回払い

 

利息と元金を一回で返済する方法です。

 

 

2.リボ払い

 

1回でまとめて返済することが難しい場合は、
リボ払いを利用するといいでしょう。

 

何回かにわけて少しずつ返済をしていく方法ですが、
毎月一定額を返済していくことができます。

 

また、1回払いの予定だったが、
後でリボ払いに切り替える、ということも可能です。

 

 

キャッシング機能を利用する際の注意点は?

 

【1】金利が高い

 

クレジットカードによるキャッシングの場合、
銀行のカードローンなどに比べて金利が高いです。

 

返済の際には、
元金とともに金利分も返済する必要があるので、
金利の高さには注意をして利用する必要があります。

 

 

長期にわたって返済をしていく必要がある場合は、
銀行カードローンなどを利用して、
低金利のローンへ借り換えをしてもいいかと思います。

 

 

【2】ショッピング機能の利用可能額へ影響がある

 

クレジットカードはショッピング機能と
こちらでご紹介しているキャッシング機能がありますが、
その2つの機能を合わせて合計で利用可能額が設定されています。

 

 

そのため、キャッシングを利用することで、
ショッピングで使える金額が減ってしまいます。

 

 

キャッシングを利用して、リボ払いなど、
長期にわたって返済をしていく場合は特に注意が必要です。

 

ショッピング機能とキャッシング機能、
合わせた合計で利用可能額が設定されているため、

 

 

キャッシングで利用した分だけ、
ショッピングで使える金額が減ってしまうことをきちんと頭に入れた上で、
キャッシング機能を利用する必要があります。

 

 

キャッシングは便利だけど、金利も高いので注意が必要

 

クレジットカードでキャッシングの申込みをしていれば、
審査も通ってしますし、お金が必要となったときに、
近くの銀行ATMなどで借入ができるので、とても便利ですよね。

 

 

しかし、便利な分、金利も高いので、
クレジットカードでキャッシング機能を利用する場合は、
しっかりと上の注意点を頭に入れて利用する必要があります。